塩でだしは活き、だしは塩で活きる【三幸製菓】焼きあご煎餅

前回は合わせだしの効いたおかきでしたが、今回は純粋に「焼きあご」を使用したせんべいです。

だしの味が忘れられないのか、ついつい店頭で目についてしまいましてね。
そりゃ買っちゃうよね、という感じで購入。

前回は正直あごだしがどんな味なのかわからなかったけど、今回は「焼きあごせんべい」というくらいだからメインを張ってるのでわかるのではないでしょうか。

でも原材料名を見たらかつお節パウダーも昆布エキスパウダーも使われているのでポンコツな私の舌では分かるかは未知数。

とはいえ基本は「美味けりゃそれでいい」です。
だしの味は基本にして王道、細かいことは気にせず早速食べてみましょう。

スポンサードサーチ

焼きあご煎餅を食べてみた

前回のまろやかな合わせだしの味わいと変わって魚の風味がいっぱい。
間違いなく「THE だし」といった味わいです。「焼きあご」というだけあって香ばしくていいですね。

あごだしの味はやっぱりわかりませんでした。
かつお節パウダーも使われているので見分け(味わい分け?)がつかないですね。全く私の味覚ときたらポンコツなもんで。

でもこれ美味いですよ。
だしが前面に来ているというよりは「だし+塩のツープラトン攻撃」といったところでしょうか。
「だし塩味」なので当たり前なんですけど、いい具合に塩味が効いて美味いです。

だしの味だけだと美味いけど個性が無いような。
塩味だけだとシンプルだけど物足りないような。
でも2つ足すと相乗効果でどっちの味も引き立って美味いです。

全体的な味としてはシンプルなんですけど塩味が強め&だしの味で飽きがこないですね。いくらでもいけそうです。
むしろ全部食べた後に「もうちょっと・・・」と思うかもしれません。
クセになるというよりずっと口の中で味わっていたいような感じでしょうかね。
やっぱり日本人の舌にはだしの味は外しません。

三幸製菓 焼きあごせんべい

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村

スポンサードリンク